ソフト設計

ソフト設計方法

スポンサーリンク
ソフト設計

【PICマイコン入門8】UARTの使い方と文字列の送受信

PCとシリアル通信を行うUART機能の使い方と送受信プログラムの設計方法やロジアナによる信号測定についても解説します。
ソフト設計

【PICマイコン入門7】7セグLEDダイナミック点灯回路

PICマイコンによる4桁7セグメントLED回路とダイナミック点灯制御を行うプログラムについて解説します。
ソフト設計

【PICマイコン入門6】AD変換を使ったRCサーボ制御

本記事ではPICマイコンのAD変換入力とタイマ割込みを使用し、可変抵抗器のツマミの角度に応じてRCサーボの回転位置制御を行うプログラムの設計方法について解説します。
ソフト設計

【PICマイコン入門5】ブザー回路と音を鳴らすプログラム

PICマイコンでブザー音やメロディを流すための回路と、その制御を行うプログラムの設計方法について解説します。
ソフト設計

【PICマイコン入門4】C言語ソースファイル分割のやり方

プログラムの規模が大きくなると、ファイルを分割した方が設計や変更がしやすくなります。本記事ではソースファイルの分割方法について解説します。
ソフト設計

【PICマイコン入門3】LED点滅プログラムの作り方

本記事ではPIC16F886用のLED点滅プログラムをPIC16F18857用に変更する手順を説明すると共にコンフィグレーションレジスタによるPICマイコン動作環境の設定方法についても解説します。
ソフト設計

【PICマイコン入門2】MPLABの使い方マニュアル

MPLABはマイクロチップ社が提供している無償のPICマイコン用プログラム開発ソフトです。本記事ではPICマイコン学習キットを使用した場合を例にしてMPLABの使い方を解説します。
ソフト設計

【初心者向け】Tera Termの使い方とマクロの作り方

Tera TarmはPCと外部機器間でシリアル通信するためのソフトで30年の歴史があり、フリーのターミナルソフトとして有名です。本記事では外部機器がPICマイコン学習キットである場合を例にしてTera Termの使い方を解説します。
ソフト設計

【PICマイコン入門1】初級者向け学習キットと開発環境

本記事ではPICマイコンの使い方を学習するにあたり、ハードウェアとソフトウェアの両方を理解できるように市販の学習キットを使った方法を紹介します。
スポンサーリンク