★★★ 2021.8.7 「26歳回路設計初心者」さん 感謝のメッセージありがとうございます!★★★

アナデジ太郎

スポンサーリンク
部品選定

セラミックコンデンサ(電圧、温度特性、許容差)の選び方

セラミックコンデンサを選択する際は回路に応じたタイプを選定することは当然ですが、一般的に良くある特性のものを選ぶことが重要です。セラコンは定格電圧や温度特性が多種にわたるためメーカー1社しか製造していない仕様のものを選ぶと、 入手難や廃止になった時に置き換えに苦慮することになります。本記事では、回路に応じたセラコンの選び方と入手性を考慮した特性の選定方法について解説します。
回路設計

ロジックICの3.3V⇔5V、24V電圧変換と接続方法

マイコン搭載基板を設計する際、 基板に接続する外部機器は5V以上で動作するものが多く、3.3V系マイコンの場合、入出力電圧の変換が必要です。本記事では、電圧の異なる信号を変換する為にどのようなICを使用すれば良いか解説します。
回路設計

【回路設計】LEDに流す電流と抵抗値の決め方

LEDを表示ランプとして利用する場合のLEDの選び方、流す電流値と抵抗値の決め方、回路の設計方法について解説します。
回路設計

オペアンプでバイアス電圧を中心に信号を出力する方法

オペアンプで任意の電圧を中心に信号を出力する回路について解説します。
回路設計

【簡単解説】オペアンプにつける並列コンデンサの役割と決め方

オペアンプに並列にコンデンサをつける意味と容量の決め方について解説します。
回路設計

【初級者向わかりやすく解説】オペアンプの使い方

オペアンプの動作が理解できる たった一つのルールと、そのルールを用いて3つの基本回路(反転増幅・非反転増幅・差動増幅回路)について解説します。
基板設計

半田レベラー、フラックスとは?プリント基板の表面処理について

プリント基板の表面処理方法(半田レベラー、フラックス、金フラッシュ等)の特徴と長所・短所について解説します。
回路設計

フォトカプラに並列抵抗をつける意味と抵抗値の決め方

フォトカプラの入力につける並列抵抗について、その意味と抵抗値の決め方について解説します。
回路設計

【初級者向】フォトカプラの基本的な使い方

【本記事でわかること】フォトカプラを使った回路の設計方法。接続する抵抗値の決め方。データーシートの見方がわかる
回路設計

【初級者向】ダーリントン接続とは?使い方と注意点について  

ダーリントン接続の使い方を回路図を使って説明してます。また、使用時の注意点についても解説。
スポンサーリンク